おすすめメニューをpop印刷する場合のポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店やアパレルなど、おすすめのメニューや商品を紹介するにあたり、pop印刷を使用する方法もあります。特に卓上タイプは、小さいながらも立体的に宣伝を行うことができ、デザインが魅力的だと人目を引き付けます。
3面全てに情報を掲載することができる三角柱タイプは、縦置きすることにより全面を一回り回転させることで死角をなくし、一目見ただけで多くの情報が提供できます。回転させながら見てもらえることでも、複数の宣伝にも繋がります。pop印刷の形状を生かして、イラストなどのデザインにする方法もあります。

おすすめメニューを伝えるpop印刷の効果

おすすめメニューには、卓上タイプのpop印刷を用いることで、効率よく宣伝することができます。情報掲載する際には、魅力ある写真を載せることで高い宣伝効果に繋がります。飲食店の場合は、おすすめメニューや期間限定メニューの案内ができます。サロンではケア商品や施術の案内を行うことができます。
価格を一覧にして掲載したり、詳しい商品説明を入れることでも自然な形での宣伝に繋がります。フォント選びは、読みやすさを心がけることが必要です。オプションでラミネートなどを入れることで耐久性も高くなり、長期間使用することもできます。用途に合ったサイズで作ると良いです。

SNSやアプリ登録に繋げるpop印刷

近年では、店舗の宣伝をするにあたってSNSやアプリと連携してプロモーションする所が増えています。卓上pop印刷をする際にも、二次元バーコードやURL、検索などの情報を加えることで短時間での登録や利用に繋がります。
一方、データ入稿にあたってはpop印刷後読み取り確認をしていない場合もあります。その場合は、たとえ読み取りができない場合でもキャンセルができず修正や再依頼が必要です。その分費用と時間が掛かってしまいます。そのようなトラブルを回避するために予め確認をした上で完全データの形で入稿すると良いです。特に二次元バーコードの場合は、読み取りにくいなどのトラブルが発生する可能性があります。重複する場所に文字や絵などのオブジェクトを重ねてしまったり、セルサイズを縮小してしまうことです。また、薄い色で印刷されている場合も同様です。白の背景に印刷するなどの対策が必要です。濃度差が不明な場合は、予め読み取りテストをするとトラブル回避に繋がります。

セール品紹介をpop印刷する場合のポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店でセール品の紹介をする際、手配りでチラシを配布する方法もあります。しかし、本人にとって興味がない場合はそのまま見ないまま過ごしてしまうこともあります。pop印刷の場合、商品の周辺や店舗の壁を使って宣伝をすることができます。不特定多数の方の目に入れば、興味を持ってもらいお店に入ってもらいやすく、セール品など商品に興味を持ってくれることで購入へと繋がります。
カード破裂型のような遠くから目立つデザインは、インパクトを与えてくれます。カードタイプではpop印刷だけでなく手書きタイプもあれば、お客さんに気持ちが伝わりやすくなります。クリップで挟んで立体的にセール品などの商品を紹介する場合でも、魅力的になります。

セール品宣伝におけるpop印刷の使い方

お店の中でセール品紹介をする際に卓上タイプのpopは、大勢の人の目にとどまることで宣伝効果をもたらします。特にアパレル店の場合は、レジ横以外にもハンガーラックや陳列棚の上にセール品の紹介をすることも可能です。三角popだと安定性もあり、立てかけておくこともできます。写真や文字など相応に情報掲載も出来るうえ、光沢のあるラミネート加工をすることで、商品の魅力を高めてくれます。
前後2面に印刷できると、イラストや文字以外にセール品の詳細を伝えることが可能です。小ぶりなサイズだと使い勝手がよく安定感もあれば、親しみやすいイメージを抱いてもらいやすいです。

セール品の告知以外に使えるpop印刷

カード型のpop印刷では、書店ではしおりとして活用されています。穴あけやラミネート加工をすることで、丈夫に仕上げることもできます。紙の種類やデザインを変えて、複数のパターンを用意することで、お客さんに楽しみをもたらします。スイング丸形や四角タイプの場合、背表紙だけで探しにくい本でも貼り付けることが可能です。ゆらゆらとした動きもアイキャッチとなり、宣伝効果を高めてくれます。
オリジナルで宣伝できるデザインを作ることも方法の一つです。定型のpop印刷のデザインをダウンロードして、少し手を加えることで独自のセール品紹介ができます。特に、個人経営をしているお店やサロンなどでは個性を引き出す効果をもたらしてくれるでしょう。デザインに応じて光沢のある美しい紙を選んだり、ラミネート加工を施したりすることで魅力ある宣伝へと変わります。

ガーランドタイプのpop印刷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーティーや飲食店で、人目に付きやすかったり楽しみに繋がるようなガーランドタイプでpop印刷をする方法もあります。自宅でハサミを使って切り取ったりする作業で上手にできない場合でも、機械で簡単にしてもらえると心強いです。カード型のpopを用いて印刷をしますが、紐に通す部分で折り畳んでから、糊やテープで貼るだけで良いです。特に家庭や福祉施設では子どもや入所している方と一緒に作ることで、コミュニケーションの一環にもなります。
好みでオリジナルのイラストや手書きメッセージを並べることで、楽しみも増します。他の種類のpopと組み合わせても、魅力をもたらします。

生活でも役立つガーランドpop印刷

ガーランドタイプでpop印刷したデザインの設置は、壁だけではありません。ドアや玄関にも設置をすることも可能です。取り付けと片づけが簡単に行えますから、通年はもちろん季節ごとに模様替えすることも可能です。
来客が来た際のホームパーティーはもちろん、子どもがいる家庭では誕生日で利用することもできます。pop印刷の模様に加えて写真も一緒に飾ることで、盛り上がる要素にもなります。フォトプロップスタイプのpop印刷はかわいいデザインだと、玄関やドアに設置することで華やかな印象をもたらします。発色良く形もきれいに仕上げてもらえると、長期間楽しめることに繋がります。紙の種類ですが防水や耐久性が高いもの破れにくい素材など、用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。わからないことがあれば確認できる業者だと心強いです。

仕事でも役立つガーランドpop印刷

ビジネスの用途でも、ガーランドタイプのpop印刷は活用できます。スイング丸形の紙は自然とゆらゆらと揺れるため、セールやおすすめ、新商品の紹介などでアイキャッチ効果をもたらします。柄の部分を指で軽く巻き付けるだけで、ふんわりとした形になりますから、手間も少ないことが特徴です。好みに応じて調節が可能な点も、楽しめる要素です。
スイング角形では、丸型より情報量を入れることができます。複数の商品紹介やインパクトのあるフォントの大きな文字を入れる方法もあります。カード破裂型のような自分で作ることが難しいインパクトをもたらすデザインと組み合わせても、宣伝効果を高めやすくなります。一定期間デザインの保存をしてもらえる業者の場合は、必要な時に発注が可能で便利です。

ハンドメイドタイプのpop印刷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pop印刷をするにあたり、設置や掲載する場所に応じて作成すると便利です。三角柱タイプは、場所をとらず飲食店のおすすめメニューや3か所で違った宣伝ができることも、魅力的な要素です。四角柱も、4か所に情報掲載が出来ます。特徴的な形では、四角錐などがあります。個性的で目立ちやすく、ユーモアをもたらします。
そのうえで、飲食店の各テーブルなど設置する場所に応じてデザインのシュミレーションをすると良いです。伝えたい情報がたくさんあっても、スペースは限られており複数になると相手に伝わりにくくなります。商品名や価格はもちろん、割引や季節限定などに絞って盛り込むと、インパクトのあるpopになります。

写真やイラストが入ったpop印刷の魅力

文字やカラーの背景はもちろん、写真やイラストの入ったハンドメイドタイプのpop印刷だと伝わりやすさが増します。特に飲食店のメニューで、彩りが良いと実際に食べてみたい気持ちを抱いてもらいやすいです。擬音語を用いて、音と見た目のデザインに動きを入れてpop印刷することで、イメージが伝わりやすくなります。
一方、情報を伝える際には一面にたくさん盛り込むより最も伝えたい情報のみ掲載するくらいが良いでしょう。そのうえで、情報に合わせた文字のフォント選びをすることでより魅力が増します。光沢が強いものをはじめデザインに合わせた紙の種類は豊富にありますから、用途に沿ったpop印刷をすることも一つのポイントです。

popハンドメイドのつくり方のポイント

pop印刷をするにあたり、設置場所に合ったサイズの検討が必要です。机に置くなどの立体型の場合、のりしろ部分も考慮してデザインを作ります。倒れにくかったり防水タイプなどの強度を考えて印刷に繋げると、たとえ不特定多数の方に触られても傷みにくくなります。
業者によっては、初めての方でもイメージを抱きやすいシミュレーターもあります。形状やサイズ、紙の質や厚さを選んでいきます。紙の特徴を記してくれていると、よりイメージを抱きやすいです。そのうえで、おおよその納期を確認してpop印刷に繋げると良いです。加工なども選ぶことができると、光沢が増し美しさや高級感をもたらしてくれます。一方、表面加工をしていない場合など色移りや色落ちが起こる可能性があります。印刷する紙の種類によっては質感が落ちることにもなりかねませんから、予め加工をするにあたって注意事項の確認が必要です。