ハンドメイドタイプのpop印刷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pop印刷をするにあたり、設置や掲載する場所に応じて作成すると便利です。三角柱タイプは、場所をとらず飲食店のおすすめメニューや3か所で違った宣伝ができることも、魅力的な要素です。四角柱も、4か所に情報掲載が出来ます。特徴的な形では、四角錐などがあります。個性的で目立ちやすく、ユーモアをもたらします。
そのうえで、飲食店の各テーブルなど設置する場所に応じてデザインのシュミレーションをすると良いです。伝えたい情報がたくさんあっても、スペースは限られており複数になると相手に伝わりにくくなります。商品名や価格はもちろん、割引や季節限定などに絞って盛り込むと、インパクトのあるpopになります。

写真やイラストが入ったpop印刷の魅力

文字やカラーの背景はもちろん、写真やイラストの入ったハンドメイドタイプのpop印刷だと伝わりやすさが増します。特に飲食店のメニューで、彩りが良いと実際に食べてみたい気持ちを抱いてもらいやすいです。擬音語を用いて、音と見た目のデザインに動きを入れてpop印刷することで、イメージが伝わりやすくなります。
一方、情報を伝える際には一面にたくさん盛り込むより最も伝えたい情報のみ掲載するくらいが良いでしょう。そのうえで、情報に合わせた文字のフォント選びをすることでより魅力が増します。光沢が強いものをはじめデザインに合わせた紙の種類は豊富にありますから、用途に沿ったpop印刷をすることも一つのポイントです。

popハンドメイドのつくり方のポイント

pop印刷をするにあたり、設置場所に合ったサイズの検討が必要です。机に置くなどの立体型の場合、のりしろ部分も考慮してデザインを作ります。倒れにくかったり防水タイプなどの強度を考えて印刷に繋げると、たとえ不特定多数の方に触られても傷みにくくなります。
業者によっては、初めての方でもイメージを抱きやすいシミュレーターもあります。形状やサイズ、紙の質や厚さを選んでいきます。紙の特徴を記してくれていると、よりイメージを抱きやすいです。そのうえで、おおよその納期を確認してpop印刷に繋げると良いです。加工なども選ぶことができると、光沢が増し美しさや高級感をもたらしてくれます。一方、表面加工をしていない場合など色移りや色落ちが起こる可能性があります。印刷する紙の種類によっては質感が落ちることにもなりかねませんから、予め加工をするにあたって注意事項の確認が必要です。