セール品紹介をpop印刷する場合のポイント

   

お店でセール品の紹介をする際、手配りでチラシを配布する方法もあります。しかし、本人にとって興味がない場合はそのまま見ないまま過ごしてしまうこともあります。pop印刷の場合、商品の周辺や店舗の壁を使って宣伝をすることができます。不特定多数の方の目に入れば、興味を持ってもらいお店に入ってもらいやすく、セール品など商品に興味を持ってくれることで購入へと繋がります。
カード破裂型のような遠くから目立つデザインは、インパクトを与えてくれます。カードタイプではpop印刷だけでなく手書きタイプもあれば、お客さんに気持ちが伝わりやすくなります。クリップで挟んで立体的にセール品などの商品を紹介する場合でも、魅力的になります。

セール品宣伝におけるpop印刷の使い方

お店の中でセール品紹介をする際に卓上タイプのpopは、大勢の人の目にとどまることで宣伝効果をもたらします。特にアパレル店の場合は、レジ横以外にもハンガーラックや陳列棚の上にセール品の紹介をすることも可能です。三角popだと安定性もあり、立てかけておくこともできます。写真や文字など相応に情報掲載も出来るうえ、光沢のあるラミネート加工をすることで、商品の魅力を高めてくれます。
前後2面に印刷できると、イラストや文字以外にセール品の詳細を伝えることが可能です。小ぶりなサイズだと使い勝手がよく安定感もあれば、親しみやすいイメージを抱いてもらいやすいです。

セール品の告知以外に使えるpop印刷

カード型のpop印刷では、書店ではしおりとして活用されています。穴あけやラミネート加工をすることで、丈夫に仕上げることもできます。紙の種類やデザインを変えて、複数のパターンを用意することで、お客さんに楽しみをもたらします。スイング丸形や四角タイプの場合、背表紙だけで探しにくい本でも貼り付けることが可能です。ゆらゆらとした動きもアイキャッチとなり、宣伝効果を高めてくれます。
オリジナルで宣伝できるデザインを作ることも方法の一つです。定型のpop印刷のデザインをダウンロードして、少し手を加えることで独自のセール品紹介ができます。特に、個人経営をしているお店やサロンなどでは個性を引き出す効果をもたらしてくれるでしょう。デザインに応じて光沢のある美しい紙を選んだり、ラミネート加工を施したりすることで魅力ある宣伝へと変わります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です