おすすめメニューをpop印刷する場合のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店やアパレルなど、おすすめのメニューや商品を紹介するにあたり、pop印刷を使用する方法もあります。特に卓上タイプは、小さいながらも立体的に宣伝を行うことができ、デザインが魅力的だと人目を引き付けます。
3面全てに情報を掲載することができる三角柱タイプは、縦置きすることにより全面を一回り回転させることで死角をなくし、一目見ただけで多くの情報が提供できます。回転させながら見てもらえることでも、複数の宣伝にも繋がります。pop印刷の形状を生かして、イラストなどのデザインにする方法もあります。

おすすめメニューを伝えるpop印刷の効果

おすすめメニューには、卓上タイプのpop印刷を用いることで、効率よく宣伝することができます。情報掲載する際には、魅力ある写真を載せることで高い宣伝効果に繋がります。飲食店の場合は、おすすめメニューや期間限定メニューの案内ができます。サロンではケア商品や施術の案内を行うことができます。
価格を一覧にして掲載したり、詳しい商品説明を入れることでも自然な形での宣伝に繋がります。フォント選びは、読みやすさを心がけることが必要です。オプションでラミネートなどを入れることで耐久性も高くなり、長期間使用することもできます。用途に合ったサイズで作ると良いです。

SNSやアプリ登録に繋げるpop印刷

近年では、店舗の宣伝をするにあたってSNSやアプリと連携してプロモーションする所が増えています。卓上pop印刷をする際にも、二次元バーコードやURL、検索などの情報を加えることで短時間での登録や利用に繋がります。
一方、データ入稿にあたってはpop印刷後読み取り確認をしていない場合もあります。その場合は、たとえ読み取りができない場合でもキャンセルができず修正や再依頼が必要です。その分費用と時間が掛かってしまいます。そのようなトラブルを回避するために予め確認をした上で完全データの形で入稿すると良いです。特に二次元バーコードの場合は、読み取りにくいなどのトラブルが発生する可能性があります。重複する場所に文字や絵などのオブジェクトを重ねてしまったり、セルサイズを縮小してしまうことです。また、薄い色で印刷されている場合も同様です。白の背景に印刷するなどの対策が必要です。濃度差が不明な場合は、予め読み取りテストをするとトラブル回避に繋がります。